北防波堤ドーム。
c0101341_20423133.jpg


以前からずっといってみたかった北防波堤。

10年くらい前に一度稚内を訪れたけれど、宗谷岬までいってここに立ち寄るのを忘れて帰った。

気が付いたのは、稚内をあとにして3時間くらい経過してからだった…(;´・ω・)



c0101341_20455139.jpg


そんな北防波堤、感動でした!!!

こんなところにあるのって位置していて驚きました。

このコンクリート打設、フォルムもかっこいい!!!

1937年(昭和11年)につくられたと古代ギリシャを思わせる美しさ。








c0101341_21055802.jpg


ここでも、ウクレレ奏でちゃいました♡

ドーム内で音が反響して、小心者の私は小さな音でぽろろ~んと( *´艸`)


c0101341_21073748.jpg


c0101341_21075496.jpg

次回はライトアップしている時間に行ってみたいと思います。

**


設計者は土谷実。当時の彼は北海道帝国大学を卒業して3年の26歳で、稚内築港事務所に赴任してきた北海道庁の技師であった[4]

北海道と樺太を結ぶ鉄道連絡船稚泊連絡船)の桟橋など港湾施設の保護および、桟橋を利用する乗客の便宜のために作られた。建設後、稚内駅からドームの手前まで国鉄の線路を延長し、同駅の構内仮乗降場扱いで「稚内桟橋駅」が開設され、乗客はドーム内を歩いて桟橋に待つ連絡船に乗り込んだという。その後、第二次世界大戦を経て終戦を迎えたことから稚泊連絡船は消滅し、これとともに稚内駅から桟橋駅に続く線路も消滅したが、防波堤としての機能は維持されており、以後も礼文島利尻島への航路など多くの船が発着する稚内港を守り続けている。

現在は北海道遺産の一つとして指定されており、周辺は整備され公園となっている。ドームは、男闘呼組が出演した服部セイコーのCMやテレビドラマなどのロケ地としても知られるほか、さまざまなイベントに用いられている[3]。また、夏にはツーリングライダーなどの旅行者がテントを貼って野宿する姿がよく見られる[5]。かつては稚内駅のある宗谷本線で活躍した国鉄蒸気機関車C55形49号機が静態保存されていたが、1996年に塩害腐食のため解体処分され現存せず、動輪一対のみが残っている。


wikipediaより引用


***


FUJI FILM X-T1 FUJINON 18-55mmF2.8-4 R LM OIS

Precious*恋するカメラ MACHI* / 北海道稚内市  4/17と5/23 撮影





[PR]
by precious_m | 2017-06-11 21:16 | 道北 | Comments(4)
Commented by kimi-and-boku at 2017-06-11 21:59
こんばんは 〜♪

防波堤とは思えないぼど
とっても素敵な場所ですね!
設計者の方のセンスに感動しました
そして ホールで奏でるように
楽器の音色が より美しく響きそうで
楽しそうですね
ボクも楽器を持って行ってみたくなりました

いつもありがとうございます ^_^


Commented by emily1105 at 2017-06-11 21:59
こんばんは~。
ここ、素敵ですよね!
私も去年の秋の両親との旅行で見に行きました。
この近くに宿泊したので、チェックイン後、夕暮れの中見に行きました。
こんなところにあるんだ~って驚きますよね(笑)
ここでウクレレ弾いたら、きっと良く響いたんでしょうね♪
懐かしく拝見しました~(^v^)
Commented by precious_m at 2017-06-11 22:20
☆キミとボクさんへ
こんばんわ(^^)/
防波堤っぽくないですよね~、ロマンを感じますぅ。
音、とってもよく響くんです。
お散歩されている方やくつろいでいる方がいらっしゃったので、控えめにぽろろ~んでした(^^♪
こちらこそ、ありがとうございます。
Commented by precious_m at 2017-06-11 22:21
☆emilyさんへ
こんばんわ。
去年、こちらもお出掛けだったんですね~
え?こんなところにって思いますよね。
想像と違いましたが、観光だとすぐいけていいですね。
夕方はライトアップしていましたか?
今から楽しみです(*^-^*)
名前
URL
削除用パスワード
<< パイナッポ~とウクレレ。 ノシャップ岬。 >>