人気ブログランキング |
ハンソンピン。
c0101341_17352997.jpg

OM-D E-M5 M.ZUIKODIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ

昨年、骨折をして私の足に移植していたハンソンピンというチタン製の金属です。
2本でひと組になり、筋肉と骨にグサっと突き刺し
折れた骨を固定していてくれました。




時期は4カ月ほど早かったのですが、復職の関係上ギリギリラインの12月にハンソンピンを抜きました。
担当医師も迷ったあげくの手術に踏み切ってもらった感じです。


ポッキリ折れてしまった大腿骨の内側には、とても大切な栄養血管があり
そこにダメージを与えると、下半身をささえる大腿骨骨頭が壊死してしまい
人工骨頭を置換する手術を10年に一度のペースでする必要があります。


今回ダメージを与えている危険が非常に強く、今後そうなるリスクを抱えています。
ただ、時期はわからないので定期的にレントゲン検査で確認を繰り返している現状です。

何がよくて何が悪いのかわからず、手探りで日々無理をしない程度に過ごしています。
2つの病院、週3回のリハビリ+プールに通いアクアウォーキングをして筋力アップを目指しています。

幸いにも今日から仕事復帰することになりました。
看護師という職業がら、治療の介助やお世話をするにあたってカラダへの大きな負担があると思っています。
仕事もリハビリ…とゆとりを持って仕事ができたらと思っています。

痛みもまだ続く中不安も沢山あるけど、
やるだけのことはやってみようと思う。
それでダメなら、仕事をかえるとか方法はきっとみつかる…よね?



前向き、前向きにいこう。



一区切り。
今までお世話になったハンソンピンと、支えてくれた家族やみなさまにありがとう。


更新も少なくなるかもしれませんが、
ゆとりないんだな~と温かに見守ってくださればありがたいです。



~2018年8月追記~

もう5年も前の記事なんですけど、いつもランキング上位にあって。
もしかしたら、今まさにハンソンピンを入れていて不安で検索されてこられるのかなと思い、追記することにしました。


この5年間のこと。

ハンソンピン抜釘の翌年、外傷してから1年を迎えたときにMRI検査をしました。
その日のうちに、骨頭壊死の診断がつきました。まさに椅子から転がり落ちるほどのショックを受けました。
そして、このまま保存的にみるか人工関節置換術の手術をするか決めてくださいと医師から告げられました。

頭真っ白です。帰路もどんなふうに帰ったかよく覚えていません。

いろいろ悩んで、リハビリで通っている病院に股関節専門の先生(某大学病院名誉教授)が来ていることを思いだしてセカンドオピニオンとして伺いました。
これまでの経緯などをお話しして、その場でMRI検査もしていただきました。

診断は同じでしたが、前医師による骨折後の管理や内容に疑問があり、もしかしたらそれが原因で壊死になったか可能性もあると。
股関節では有名な先生ですが、私の足を手術した先生は同じ市内にいても知らず、ほんとに股関節専門医ですか?と逆に質問されました…。

看護師復帰していたものの、足をついた時の痛みがひどく、太ももはいつもパンパンに腫れていましたので、事実上のドクターストップとなり、退職することになりました。

それから2度骨頭が潰れ、ひたすら安静&痛みの我慢を繰り返しております。
1本杖では支えきれず、ロフストランドクラッチ杖(肘まで固定)を使用していました。
3年前に、どうしても痛みがとれなくて、人工関節手術予定しましたが、なぜか手術2週間前にケロっと痛みがなくなりとりあえず延期。
そのまま今に至ります。

身体障害者手帳5級も取得しました。
これね、医師や病院からは何も言われません。
交通費助成などありますので、申請できる方はしたほうがいいかと。
ただし、ハローワークでは身障枠になり、私が登録したときには一般のお仕事はほとんどありません。
お風呂介助などの介護と清掃の仕事くらいしかありませんでした…事務とかはないんですよね…
身障枠のほうが、体力ないとできない仕事ばかりで驚きました。


話しはそれましたが2年前より、パートで一日3~4時間までならと医師から許可がでて、看護師復帰しました。
もちろん、荷重5キロ制限や階段は禁止されていますので、職場はかなり吟味して。
通勤もバス1本でいける範囲に。
シゴトの日はロキソニンを飲み、時々ボルタレン座薬を使用しています。

この春、骨盤の中で股関節を支える関節唇という軟骨が折れて、激痛が…往復タクシー出勤してましたが仕事中かなりきつかったです。
まだ痛みは続いておりますが、半年ほどで楽になるといわれております。
安静をとった時間が3週間ほどですが、その間にお尻の筋肉が落ちてしまい、逆膝の痛みが出てそして歩くとつまずくという…。
転倒して潰れてしまったら動けなくなるので、2か月前より週1でリハビリに通っています。
一度筋肉が落ちると、なかなか戻りません…悲

それでも日常のことはほとんど問題なく行えます!
買い物も、ウォーキングも、家事も特にトイレ掃除など床関連も体制を気を付ければできます。


まだまだこれからも、私を支えてくれる足ですから
日々メンテナンスしながら、進んでいこうと思います。


長々と読んでくださった方がいらしたら、ご参考になればと。



by precious_m | 2014-02-03 20:52 | スナップ | Comments(17)
Commented by revoir-dima at 2014-02-04 11:13
なんと!生々しい写真ですねえ。
しかし、色々とご事情もあるかと思いますが、色々と検討されての決断なんでしょうね。
まぁ抜いちゃったものはしょうがない。
おっしゃるように、前向きに頑張っていくしかないですからね〜。

ちなみに私、そのレントゲンを撮るシゴトです(^^)。
Commented at 2014-02-04 15:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by NOMi at 2014-02-06 03:17 x
「……グサっと突き刺し」
ここを読んでちよつとどきどき。
どうぞご無理をなされずに。
Commented by inumochi at 2014-02-06 16:04
なにはともあれ、お仕事復帰、おめでとうございます。
あらためて大変なおケガだったのだなぁと思い、それでもお仕事に復帰しようという決断に心からのエールを送りたいと思います。
私に比べたらまだずっとずっとお若いのですから、ダメならダメでいくらでも道はあるはず。
まずは前進、その心意気が、オバサンの私にはまぶしいです。
無理せず、焦らず、頑張って!
Commented by precious_m at 2014-02-06 19:52
☆dimaさんへ
こんばんわ~
おぉ!写真を撮るお仕事でしたか~
同業だったりしますね(^^)
抜いちゃったら痛みは和らぎましたよぉ~♪成功です☆
Commented by precious_m at 2014-02-06 19:53
☆2014-02-04 15:18 かぎこめさんへ
ありがとうございます。
ボチボチと…いきますね
Commented by precious_m at 2014-02-06 19:58
☆NOMiさんへ
こんばんわ~
はい、復帰しちゃいました!!
とうとう!!しちゃいました、
いっぱい道はありますよね。ただ、気付かないだけ。
うんうん、そのうちNOMiさんとこに弟子に入るかもしれません笑
その時はよろしくお願いします笑
Commented by precious_m at 2014-02-06 20:01
☆inumochi さんへ
こんばんわ。ありがとうございます。
やっとこ~ここまで来ました。
まずは前進しちゃいます!
Commented by ニンジャ9R at 2016-05-06 22:36 x
今まさに自分の足にハンソンピン入ってます!抜く必要はないそうなのでそのまんまにしとこうかと。手術イヤなので…
Commented by precious_m at 2016-05-07 13:29
☆ニンジャ9Rさんへ
こんにちわ。
抜釘しないんですか?年齢が高くなると抜かない先生もらっしゃるそうです。
抜いて今は違和感がなくなりました。
Commented by まつ at 2019-03-10 13:47 x
骨折後の管理や内容に疑問がありとありますが、どんな内容か覚えておりますか?
Commented by まつ at 2019-03-10 13:47 x
骨折後の管理や内容に疑問がありとありますが、どんな内容か覚えておりますか?
Commented by precious_m at 2019-03-11 13:25
> まつさん
まつさんこんにちわ。
私は医師が2度変わり、3人目で股関節専門医になりました。
1人目の医師のもと(手術した病院で一応股関節専門と言ってました)、手術翌日より荷重しての歩行練習と筋トレなどがはじまりました。また理学療法士は一度も足に触れることはありませんでした。
手術してから3週間でリハビリ病院に転院して2人目の医師(病院のシステムで手専門)のもとリハビリが始まりました。松葉杖で全荷重していたことはご法度とされそれから1か月間荷重禁止となりました。リハビリはとてもよかったです。
転院先では、3か月入院しておりそのあとは、1人目の医師の元で診察を受けることとなりました。1か月ごとに診察を受けていたのですが、骨折から5カ月のとき診察室で走る練習をするように医師から指示されました。と。「仕事復帰するから走れないと仕事にならない」もちろん杖をついた状態で。痛みもずっと取れず骨盤から足までずっと腫れもとれませんでした。

手術から1年後、壊死と1人目の医師から診断を受けた時に、すぐに人工関節の手術をしてすぐに仕事復帰するよう言われました。痛みも取れないのは変わっていませんでした。
不信に思い3人目の股関節専門医にかかりました。
するとすべてが禁忌であることを1人目の医師が指示していたことも原因の要因でした。
手術後1~2か月は荷重をかけてはいけないこと・1年待たずに半年で抜釘したこと・走る練習をさせていたこと・すぐに人工関節の手術をすすめていること。
壊死したことだけでもショックなのに、リハビリとして1年痛くても頑張ってきたことは、全て壊死を誘発するリハビリだったことに憤りを感じました。
またすでに骨がつぶれ骨折していることも判明して、痛みや腫れもあっておかしくない状態でした。

救急で運ばれると、病院も医師も選べない。
転院先も病院のシステムで見当違いな専門医がついているなどいろんなことに疑問を感じました。今も3人目の股関節専門医(大学の名誉院長で、こちらでは有名な先生です)にかかっています。
しかし、1人の自称股関節医のことを知らないと言ってました。
学会に登録や出席していない、または他の先生と交流がないのか?それで股関節の専門医ではないのでは?と言われたことを思いだします。


長くなりましたが、見当違いな医者やリハビリを受けていたことに疑問を感じたということでし
Commented by まつ at 2019-03-11 16:16 x
詳細ありがとうございました。
散々でしたね。私も救急搬送され専門医では無いのでとても不安です。
抜釘される前はMRIは測定しましたか?
Commented by precious_m at 2019-03-11 20:44
> まつさん
そうでしたか大変でしたね。痛みは大丈夫ですか?
専門外でないと不安ですね。治療マニュアルに荷重時期など細かくあるようです。
機会があれば、後悔ないよう専門医に一度受診されることをおすすめします。
私はレントゲンなど撮るたびにすべて携帯に保存して、情報提供しました。
抜釘前のMRは撮っていません。1年経過しない意味がないと言われていました。
ほんとかどうかは不明です。

Commented by まつ at 2019-03-12 17:34 x
ありがとうございます。
違和感はありますが、痛みは大丈夫です。
今はリハビリ病院にいているので、とりあえず大丈夫そうです。抜釘時にまで無事行ければ専門家に相談しようかなと思います。
Commented by precious_m at 2019-03-13 21:15
> まつさん
回復を願っています(^^)
頑張ってください。
名前
URL
削除用パスワード
<< クラシック。 カモミールの手づくり石鹸。 >>