花火大会の実習
<画像救出不可>

先日の講義で予行を練習をした花火を撮りに、豊平川河川敷に行ってきました。
先生の毎年撮るベストポジションを教えていただき、三脚を立てること開始の1時間40分前。場所取です!
購入したての三脚を使うのは初めてぇ?。私も前もって自宅でレッスンすればよかったもののずるずると当日を迎えてしまった…(´ヘ`;)
ハンドル(?)の操作がなめらかでなければ花火を追いかけて撮れないんだよ教わっていたのに…。
まぁ、三脚の質から違いますけど…(^^;

さて、カメラを雲台に乗せて縦にセット。レンズはZD-ED50-200mmF2.8-3.5。
水平にするようにファインダーを覗いて調節。(裸眼0.1の視力ではかなり厳しいものが…。コンタクトやっぱり必要かな…┓(´_`)┏ )
空を見上げると以外と空高くあがる。な?るほど、それで縦にセットなのね?。ここではじめてその理由がわかりました。遅い?(爆)

初めてなのでカメラを知る意味で、いろんなモードで試してみることにした。
まず、基本設定でAFをMFに変更。ISO100~200。ドライブ:リモート。ノイズリダクション:ON。
E-300には花火モードなんてのもある(コントラスト+1シャープネス-1露出-1.0WB晴れ5300Kで固定)
モードを変更する度に、基本設定も変わってしまうのでちょっと面倒。C-8080WZの時はマイ設定っていうのがあってモードの変更をしても細かい設定は変更しなかったのに…。これE-300にもあると便利だと思うんだけど…。
お次にマニュアルモード。弱点発見。バルブ設定にするとリモコン設定がはじかれる…(^_^;)オイオイ意味ないじゃん。押している時間だけシャッターがきれると思っていたのに。まぁ、バルブでも6秒が最長らしい。(天体写真で6分)ってことで、ブレを覚悟で試しに手押しを数枚。出来上がりはぶれていなかった!スゴイ。
で、このマニュアルモードでシャッタースピード4?6設定にするとはじかれずリモコン使用可となった\(^.^)/
お次はシャッター優先モード。またまた弱点発見。このモードはバルブ設定ができない…。普通そうなんだろうか…?私って無知?
またリモコン設定にしていると、手押しは一切操作できなくなる。暗がりでのリモコン操作もどちらにセンサーがついているのか、触り心地ではわからない(^_^;)薄明かりの中、確認するしかないだろう。(ペンライトを使っている余裕なし…)
三脚のハンドルを操作し、望遠距離を操作しならがリモコンを押す…なんて忙しい作業なんだろうか。手は2つしかないのに…。
合間に先生に伺った。望遠距離は最初から80なら80、200なら200と固定してハンドルを動かしながら片目で花火を追い、片目でファインダーを確認していると。右手にハンドル、左手にレリーズ。
な?るほど、最初から固定しておけば操作は2つ。とそんな神業を簡単にできるはずもなくまたしてもてんやわんやの撮影実習終了となった。

バッテリーは2本もって行ったが、消耗は思ったほどされておらず、1本の半分も使用しなかった。撮った枚数はHQで70枚くらい。以外といけるじゃん(^^)

でも、実際に撮影したものはファインダー切れや小さすぎ、花火に追い付けない、露出オーバーといろいろ。まともに撮れたものは1枚もなし?(T_T)
まぁ、初めての花火撮影なのでこんなものでしょう…。今度は線香花火とかでトライしてみようかな(^m^)ぷぷっ
[PR]
by precious_m | 2005-07-23 17:37 | スナップ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 美瑛#01:ラベンダー。 写真教室 >>